白髪を上手に染めて、見た目年齢を若くしましょう

白髪交じりの髪の毛って…

白髪としわって、老いの象徴みたいなところがありますよね。自分の体の変化も受け入れて、それも一つの味わいとして向き合うのも大事なんですが、ストレスなどで急激に白髪が増加すると一気に老人っぽく見えてしまうのは嫌ですよね。白髪と黒髪が中途半端に混じっていると、見た目年齢がプラスされるのはもちろん、ビジュアル的にもあまり美しいとは言えません。白髪染めで黒くするか、ナチュラルなブラウンカラーにした方がきれいに見えますよ。

白髪染めの成分は…?

一か月に伸びる髪の毛は、大体一センチと言われています。若い人でカラーリングした後に黒髪が新しく生えてきた状態をプリンと呼びますが、それと同じでこまめに白髪染めをしないと少し不格好に見えてしまいますから要注意!とは言っても、頭皮が弱いからあまり頻繁には使いたくないという人もいますよね。でも、天然の植物成分を使用して白髪染めができるものも多いですし、頭皮ケアになる保湿成分が配合しているものもたくさん出ていますから、成分に注目して選んでください。

部分染めと全体染めを使い分ける

白髪染めも、部分染めと全体染めを賢く使い分けるのがコツです。最初に白髪を染める場合は全体染めがいいですが、頭頂部から新しく髪の毛が伸びてくる時には、全体染めを毎回行わなくても部分染めを選んでおけば充分なんですよ。髪の毛のボリュームが多めで、髪の毛も比較的長い人は定期的に美容院で全体染めを行うといいでしょう。部分染め用のものだとパフを頭皮に軽く当てるタイプのものなどがあり、自宅でできる全体染めにはシャンプーやトリートメントなどがありますね。

品川美容外科の判例まとめサイト